お問い合わせ

LINE公式

あなたの街の遺品整理 > コラム > 遺品整理 > 遺品整理はいつから始めるべき?遺品整理を始める時期や方法、費用面を詳しく解説します!

あなたの街の遺品整理コラム

遺品整理はいつから始めるべき?遺品整理を始める時期や方法、費用面を詳しく解説します!

この記事の監修者:あなたの街の遺品整理編集部

あなたの街の遺品整理編集部では、遺品整理士をはじめとする様々な専門スタッフが、遺品整理や生前整理に関する包括的なアドバイスを提供します。私たちは、故人の想い出を大切にしながら、遺族の皆様が直面する困難を軽減するために、心を込めてサポートいたします。遺品の整理だけでなく、生前に整理を行うことで、将来的な負担を減らすお手伝いもしています。あなたの大切な人の遺品に関するすべてのニーズに応えるため、私たちはここにいます。

    故人が亡くなると、遺族は故人が遺した生活用品を整理する「遺品整理」を行わなければなりません。遺品整理を行うタイミングは、決まった時期があるわけではありませんが、故人の住まいが遠方であったり、賃貸物件に住んでいた場合、一刻も早く遺品整理をすべきケースが増加しています。

    では、遺品整理はいつから始め、どのような方法で行うべきでしょうか。ここでは、具体的な状況に応じた遺品整理に最適な時期や、具体的な手順や遺品整理でかかる費用面を詳しく紹介します。

    遺品整理はいつからがベスト?

    葬儀後のタイミング

    1番多いのは四十九日の法要後

    葬儀後に遺品整理を始めるタイミングは主に3つあります。1番多いのが、四十九日の法要後です。仏教では、極楽浄土に行けるかどうかが決まるのが四十九日と言われており、法要で親族が集まり、話し合える機会でもあることから、四十九日の法要の後に遺品整理を始めることが多いでしょう。

    2番目のタイミングは、葬儀が終わって1週間後です。故人が賃貸物件に住んでいた場合、解約を行わない限りは賃貸契約が継続し、賃料がかかってしまいます。介護施設に入所していた場合にも早めの退去が求められることがほとんどです。遺品整理を急ぐ必要がある時には、葬儀後すぐに遺品整理を始めましょう。

    3つ目のタイミングは、亡くなってさまざまな手続きが完了する2週間後。健康保険や老齢年金などは、受給停止の手続きが必要です。これらの手続きがひととおり終わった2週間後は、遺品整理を始めやすいでしょう。遺品整理をいつから始めるか迷う場合には、状況に応じて必要な時期を見極めてください。

    遺産相続の進行に合わせる

    相続する遺産が多くある故人や、相続税の支払いが発生する場合には、故人が持っていた全ての遺産について評価額を出す必要があります。相続税の申告は故人が亡くなってから10ヵ月以内。10ヵ月を過ぎると延滞税が課される可能性が出てしまいます。

    遺産を把握するためにも遺品整理を行い、銀行の通帳や証券証書、不動産関連の重要書類を集めるのが先決です。価値がある骨董品や美術品、貴金属がある時には、査定をした上で評価額を出します。相続税の支払いに間に合うように、早めの遺品整理が必要です。

    精神的に落ち着いた時

    故人とのつらい別れで心の整理ができない時に遺品整理を始めると、さらにつらい気持ちになってしまいます。そんな気持ちの中では、処分すべき品も処分できません。

    まずは優先度が高い相続税に関する品物から取り掛かり、故人の思い出の品や生活品に関しては、精神的に落ち着いたタイミングで行うとよいでしょう。持ち家や焦る状況にない時には、一定の期間が経過して心の余裕が生まれた時に行うのがベストです。

    遺品整理の具体的な流れ

    家族で話し合い、残すものを決める

    遺品整理はやみくもに始めても時間ばかりがかかってしまい、何も片付かないということがあります。あらかじめ家族で残すもの、処分するものを家族と相談しておくと遺品整理がスムーズに進められるでしょう。

    まず、遺品整理を終わらせたい日を設定し、逆算して必要な日数や取り掛かる部屋のスケジュールを組みます。そうすることで、より効率的な遺品整理が可能です。遺品整理に必要な清掃道具なども事前に用意しておくと効率的に作業が進められるでしょう。

    仕分けして分類する

    整理を始める時には、大まかな分類を決め、仕分けをしながら行います。貴重品や重要書類、思い出の品などの分類を決め、箱などに仕分けしていきましょう。

    その時に使うのは、中身が見えないビニール袋はおすすめしません。ゴミと誤って捨ててしまう恐れがあるため、ごみ袋に入れるのはゴミだけのように、ルールを決めて仕分けしてください。

    処分に迷うものや別の遺族に確認が必要な品は一時保管用の箱を用意して、保管します。処分をするかどうか迷うあまり、作業に時間がかかってしまっては非効率です。迷ったら一時保管用の箱に入れ、判断は時間があるときに取り組んでください。

    処分方法を決める

    遺品整理を行うと、思っていた以上の生活ゴミや粗大ゴミが発生し、処分に困ってしまうことがあります。自治体によっては、排出場所が限られていることから、すぐに処分できないことも多いです。自治体のルールを確認した上で、処分方法を決めてください。

    まだ使える生活用品や家電などは、フリマアプリやリサイクルショップでの売却も考えられるでしょう。遺族と形見分けをする、親しい友人に譲るなど、処分方法についても具体的に決め、スケジュールを組んでください。

    片付けと清掃

    遺品整理と同時に行うのが、片付けと清掃です。しばらく使っていなかった部屋はホコリがたまっていたり、作業でチリ埃が発生することがあります。

    ひととおりの遺品整理と片付けができたら、部屋も掃除機をかけたり、水拭きをしてきれいにしましょう。片付けや掃除をする時には、騒音が発生し、近所迷惑になってしまうこともあるため、作業時間や騒音には留意しながら作業を行ってください。

    遺品整理業者選びに困っている・・・という方はお気軽にご相談ください

    はじめて遺品整理をおこなう際、相場が把握できず金額が妥当であるかの判断が難しいものです。そんなあなたのために弊社では"無料相談にてお伺いした条件"に見合う業者を選定し、複数業者のお見積りをご用意いたします!

    また整理後の清掃や不動産の売却など、遺品整理と同時に発生するお悩みもあわせて解決!まずはお気軽に無料相談にお申し込みください。

    遺品整理にかかる費用

    遺族のみで行う場合

    遺族のみで遺品整理を行う時にかかる費用は、粗大ゴミの処分にかかる費用が中心です。2,000〜10,000円程度の費用で済むことが多いですが、遺族が遠方から来て遺品整理を行う場合には交通費、粗大ゴミを搬出する際にトラックなどを利用する場合にはレンタル費用がかかります。

    遺品整理には時間と労力がかかることが多く、親族に依頼する時には、相手の状況を考慮しなければなりません。

    業者に依頼する場合

    遺品整理を業者に依頼する場合、部屋の間取りや作業人数によってかかる費用が変わってきます。1ルームの場合、作業人数は2名で5万円程度。3LDKでは、作業人数は4名で20万円前後、4LDK以上だと25万円程度の費用がかかってきます。

    専門業者に依頼すれば、費用内にゴミの処分費用が含まれており、自分で処分をする必要がありません。作業日の当日に大きな家具やゴミ袋を持ち帰ってくれるため、部屋の受け渡しがあるケースやすっきりと片付けたい人に最適です。

    買取を受け付けてくれる業者だと買取分を費用へ補填してくれるので、遺品整理にかかる費用を抑えられます。

    遺品整理を業者に依頼するメリットとデメリット

    遺品整理を業者に依頼するメリット

    その日中にきれいに片付くのがメリット

    遺品整理を業者に依頼するメリットは、主に3つです。

    1つはスピーディーに作業が終わるということ。遺品整理のプロは、時間内に遺品整理を終了するノウハウを持っています。遺族だけではなかなか進まない作業も、業者にかかればあっという間です。遺品整理に期限がある遺族や早く遺品整理を終わらせたい人は業者を使うとよいでしょう

    2つ目は、心身の負担が減ることです。大きな家具を片付けたり、故人の遺品を整理する作業は、心身ともに負担がかかります。業者に頼めば、仕分けの確認程度であとはほとんどの作業を任せられるのがメリット。都合のよい日に業者に来てもらえば、時間を有効に活用できます。

    3つ目は、ゴミの処分や遺品の供養をしてもらえることです。遺族だけでゴミの処理まで行うとすると、その場で全てのゴミを処分するのは難しいでしょう。

    自治体指定の日までゴミを管理して、持ち出し、品物によってはフリマアプリやリサイクルショップで売却するなど、全てにおいて時間や手間がかかります。業者に依頼すれば、ゴミの処分から買取までその場で行ってくれ、その日中にきれいに片付くのがメリットです。処分に困る遺品は、業者によってお焚き上げなど適切な供養をしてもらえます。

    業者に依頼すれば、安心して遺品整理ができるなどメリットは大きいです。

    遺品整理を業者に依頼するデメリット

    遺品整理を業者に依頼するデメリットは、費用がかかることと、業者選びに注意が必要なことです。遺品の量によっては、高額な費用がかかることがあるため、事前に見積もり依頼をしましょう。

    遺品整理業者の中には、法外な金額を請求したり、雑に遺品を扱うなどの悪徳業者がいるのが事実です。悪徳業者に引っかからないように、遺品整理士が在籍している信頼できる業者を選び、事前に見積もりをとって契約について確認しておくことが重要です。

    遺品整理を行う時に注意したいこと

    家族での話し合いを行う

    故人の遺品は、遺族にとって重要度が異なることがあります。むやみに捨ててしまわず、家族の同意を得た上で整理するようにしましょう。

    遺品としてとっておく品物の共有ができていると、分類や仕分けの時にスムーズです。葬儀後や法要後のタイミングで、故人に関わる遺族と話し合う機会を持ってください。

    業者選びは慎重に行う

    業者選びは、遺品整理が成功するかしないかを決める重要なポイントです。すぐに業者を決めるのではなく、複数の業者に相見積もりを取り、価格だけでなく、対応のよさやサービス内容でしっかりと比較して決めましょう。

    業者の評判は、口コミサイトやお客様の声を参考にしてください。納得できる業者を選んでから契約すると安心です。

    プロのアドバイスを活用する

    処分に困るものや、価値があるのか判断に迷う品物は、プロの業者に確認するようにしましょう。信頼できる業者は、適切なアドバイスや適正価格での買取を行います。

    遺品の整理についても、一点一点丁寧な確認をしてくれるので、安心です。

    よくある質問(FAQ)

    遺品整理は誰が行うべき?

    遺品整理を行う人に決まりはありませんが、相続がある場合には、相続人全員が遺品整理に関わってきます。遺品整理の過程で遺言書が見つかるケースもあり、相続人全員で遺産整理は誰が行うか、処分する基準などをしっかりと話し合っておきましょう。

    早く取り掛かるべき遺品整理は何ですか?

    手続きに期限があるものを優先的に遺品整理を行いましょう。年金手帳や健康保険証は2週間以内、現金や通帳類などはなるべく早めに集めるようにしてください。

    遺族で集まる機会が少ない人や故人が賃貸物件に住んでいた場合も、早めに遺品整理を始めましょう。

    専門業者に依頼する場合、自分でもある程度片付けるべき?

    業者に依頼するのに、自分で片付けを始めると、かえって労力もかかってしまいます。自分で片付けるなら、負担の少ない生活ゴミの処分程度に済ませ、家具や面倒な仕分けは業者に依頼するとよいです。

    費用をなるべく抑えたいのですが。

    買取を行う業者に依頼すれば、不用品や貴金属、骨董品を査定し、買取まで行います。買取してもらえそうな品物がありそうな場合には、費用を大きく削減できるでしょう。

    遺品供養はどのようにしてもらえますか?

    故人の大切にしていた品物や処分に困る手紙や人形などは、お焚き上げで供養をすることが多いです。お焚き上げは寺院に持ち込んだ上で行われますが、業者に依頼すると遺品整理から供養まで任せられます。

    まとめ

    遺品整理は適切なタイミングに

    遺品整理は、遺族のニーズや状況によって適切なタイミングが異なります。相続で財産の把握が必要な場合や賃貸物件の退去が必要な場合、葬儀後の早めのタイミングで遺品整理を開始するのがおすすめです。

    遺品の量や遺品整理に関わる遺族の人数によっては、専門業者に依頼する方がスムーズに遺品整理ができます。

    家族で話し合って遺品整理をどうするか決める

    遺品整理はどのように行うか、スケジュールなどはあらかじめ家族で話し合って決めましょう。話し合うことで、大切な遺品を捨ててしまうなどのトラブルを防げます。

    遺品の仕分けで迷ったら一時的に保管して、他の遺族と相談してから判断してください。

    専門業者を使えば遺品整理がスムーズに

    遺族だけで整理できない遺品整理は、専門業者に依頼するとスムーズに片付きます。遺品整理業者は、遺品整理の知識やスキルを持ったプロです。ゴミの処分から買取まで遺品に関することならどんなことでも相談できるでしょう。

    遺族での遺品整理が難しいなら、遺品整理業者がおすすめです。

    業者選びでお悩みなら弊社の無料相談をご活用ください!

    あなたの街の
    遺品整理とは

    あなたの条件に合う遺品整理業者選びをサポートするアドバイザーサービスです。

    有資格者が電話で直接条件を伺い、全国の遺品整理業者の中からあなたにぴったりの業者を紹介します。

    当サイトで業者選びをする
    のメリット

    • 条件に合う複数の業者の相見積りを取得できるので最安値で契約できる

    • 相談窓口が1つだから複数業者の連絡の対応をしなくて済む

    • 当サイト経由で契約で3000円分のギフトカードプレゼント

    ※遺品整理の作業後に弊社のアンケートに
    お答えして頂けた方に限ります。

    見積もり診断もおまかせください

    見積もり診断
    サービスとは?

    遺品整理業者選びは多くの方が初めての経験。
    しかしそれなりの費用が掛かるサービスですので失敗はしたくない‥‥

    そんなあなたのために第三者目線で見積書を診断させていただきます。
    遺品整理業者選びのセカンドオピニオンとしてご活用ください。

    関連記事

    お見積りやご依頼は
    お気軽にお問合せください!
    ご相談だけでも無料です。

    ご相談からご依頼まで、お客様にストレスないご案内をいたします!
    お客様のご状況に合わせ、柔軟に複数のお見積りをご用意いたします!
    整理後の清掃や不動産の売却など、遺品整理以外のお悩みもあわせて解決!

    お電話でのご相談・
    お見積りはこちら

    通話無料

    0120-070-379 8時~19時(土日祝も対応)

    まだ何も決まっていないけど、
    ちょっと聞いてみたいという方も
    お気軽にお電話ください!

    全国の遺品整理業者

    日本地図

    北海道・東北

    北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島

    関東

    茨城 / 栃木 / 群馬 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川

    北陸

    新潟 / 富山 / 石川 / 福井

    中部

    山梨 / 長野 / 岐阜 / 静岡 / 愛知 / 三重

    日本地図

    近畿

    滋賀 / 京都 / 大阪 / 兵庫 / 奈良 / 和歌山

    中国

    鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口

    四国

    徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知

    九州・沖縄

    福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

    無料お見積もりをする