お問い合わせ

LINE公式

あなたの街の遺品整理 > コラム > 遺品整理 > 遺品整理とは何か

あなたの街の遺品整理コラム

遺品整理とは何か

この記事の監修者:あなたの街の遺品整理編集部

あなたの街の遺品整理編集部では、遺品整理士をはじめとする様々な専門スタッフが、遺品整理や生前整理に関する包括的なアドバイスを提供します。私たちは、故人の想い出を大切にしながら、遺族の皆様が直面する困難を軽減するために、心を込めてサポートいたします。遺品の整理だけでなく、生前に整理を行うことで、将来的な負担を減らすお手伝いもしています。あなたの大切な人の遺品に関するすべてのニーズに応えるため、私たちはここにいます。

    大切な人を失った後、その遺品整理は感情的にも肉体的にも大変な作業です。本記事では、遺品整理業者を選ぶ際のポイントや注意点を詳しく解説します。

    目次

    1-1. 遺品整理の定義と重要性

    家族や親族の心の整理にも繋がります

    遺品整理とは故人が生前使っていた身の回りのものを整理し、自宅や部屋を綺麗な状態にすることです。故人の自宅、施設に入所していた場合は施設内にあった遺品も整理の対象となります。

    生前書き溜めていた日記や手帳から、生きていくために必要だった生活費が入っている貯金通帳まで様々な種類の物を整理整頓していきます。
    本人が使っていたものは全て遺品整理整理となるので、所有している物の量によっては作業に時間が掛かることも珍しくありません。

    故人の思い出が詰まっているものを簡単に片付けることは出来ない、このままにして故人が生きていた証を残したいと遺品整理をするのに抵抗を持つ人も居ます。
    ですが遺品整理をするのにはきちんとした理由があるのです。遺品整理を行う理由には大きく分けて2つあります。

    • 思い出の物や資産を残しておくため
    • 遺族の気持ちの整理をするため

    遺品整理では故人が所有していた物を全て破棄するのではなく、思い出として残しておきたい物や資産として残すべきものはそのままにしておきます。必要なものとそうではないものを分け、遺族が必要と判断した遺品は捨てずに取っておきます。

    部屋を綺麗にするために何でも捨てなければならないということはなく、必要なものは保管して故人との思い出の品として所有していて構いません。寂しくなったときに見返したり、自分のお守りとして持っていたりしても問題ありません。資産として活用することが出来るものは相続人で分け合う、必要に応じて売却するなども可能です。

    また故人との思い出を振り返りながら整理整頓をするので、遺品整理は残された家族や親族の心の整理にも繋がります。故人を失った悲しみを背負って生きていくのは辛いもの。
    ですが遺品整理をしながら故人との思い出を振り返り、自分の悲しみとしっかりと向き合うことで気持ちの整理が徐々についていくのです。部屋の中が片付くことで、遺族の心が晴れやかになることも多いです。


    1-2. 遺品整理を始めるタイミング

    故人が亡くなったあと、遺品整理を行うタイミングに特に決まりはありません。それぞれの事情に合わせて、好きなタイミングでスタートして構わないのです。
    葬儀やお通夜が終わった直後、四十九日や一周忌の法事が終わったタイミングなど遺族が精神的に落ち着いてきたタイミングで整理し始めるのが一般的です。
    さらに長期の休みなど、まとまった時間が取れるタイミングで遺品整理をする人も多いです。

    ただ精神的な落ち着きを取り戻してからじっくり遺品整理をしようと考えていても、遺品整理を早急に始めなければならないことがあります。相続税の納付の期限、賃貸物件の退去期限などが迫っているときには期日までに遺品整理をしなければなりません。

    1-3. 遺品整理に関わる主なサービス

    遺品整理は遺族だけで行うのには限界があることも。特に部屋の数が多い、量が多いときには誰かの手を借りることも必要となってきます。自分たちだけで整理することは困難だと判断したときには、サービスを利用するのも一つの手です。

    遺品整理に関わる主なサービスは以下の通りです。

    • 遺品整理の専門業者
    • 不用品回収業者
    • 特殊清掃業者
    • 便利屋

    遺品整理専門業者

    遺品整理の専門業者は亡くなった方の部屋を片付けることをサービスとしている業者です。遺品の仕分け作業から貴重品の捜索、相続税の相談などを幅広いサポートを行ってくれます。一つ一つの遺品を敬意を持って片付けてくれるのが特徴的で、大切なコレクションや残された家族への手紙なども丁重に扱ってくれます。

    業者によっては遺品整理士などの遺品整理のプロが在籍し、見積もりから片付け、買取からアフターサービスなどすべてのサポートを請け負ってくれるケースもあります。

    不用品回収業者

    不用品回収業者は不用品の回収のみ。必要なものと不用品の分別などは遺族が行う必要があります。主に自治体などでは引き受けてくれない粗大ゴミ、電子機器などを適切に処分してくれます。

    価格は回収するゴミの量や運搬に使われたトラックの台数などで変わります。

    特殊清掃業者

    清掃業者は孤独死や事故現場などの特殊な状況で亡くなった場合に、原状回復をしてくれる業者です。特殊な薬剤や機械を使い、故人の血液や体液などをきれいにしてくれます。また部屋の中やお風呂、トイレなど細かなところまで清掃してくれます。業者の中には清掃だけでなく、遺品整理を行う会社もあります。

    便利屋

    便利屋は家事や庭の掃除など、様々なことを代行してくれる「何でも屋」です。請け負っている作業は多岐に渡り、色々な困りごとを解決してくれます。もちろん遺品整理も作業の一つに入っていて、故人の自宅の片付けなども行います。利用料金は店舗によって異なり、作業時間などで価格が変わってきます。

    遺品整理業者選びに困っている・・・という方はお気軽にご相談ください

    はじめて遺品整理をおこなう際、相場が把握できず金額が妥当であるかの判断が難しいものです。そんなあなたのために弊社では"無料相談にてお伺いした条件"に見合う業者を選定し、複数業者のお見積りをご用意いたします!

    また整理後の清掃や不動産の売却など、遺品整理と同時に発生するお悩みもあわせて解決!まずはお気軽に無料相談にお申し込みください。

    2-1. 遺品整理の基本的な手順

    遺品整理の基本的な手順は以下になります。

    1. 遺品整理を行う日を決める
    2. 遺品を必要なものと不要なものに仕分ける
    3. 不用品の分別、破棄
    4. 室内の清掃

    ①遺品整理を行う日を決める

    まず遺品整理を行うときにはどのタイミングで、いつ行うのか具体的な日程を決めておきましょう。相続人や親族などが参加する場合には、他の参加者の予定も聞いて日程を決めます。

    遺品整理を自分自身で行うことも可能ですが、知識や経験がないと無駄に時間が掛かってしまうことがあります。自分たちだけで片付けるのは不安なときには、遺品整理専門業者に依頼するようにしましょう。

    業者に依頼する場合は業者側と日程の打ち合わせをして、片付けをする日時を決定します。見積もりも出してもらい、おおよその費用を把握して納得することが出来れば契約をしましょう。

    ②遺品を必要なものと不要なものに仕分ける

    遺品整理をするときには、まず必要なものと不要なものを分類します。必要なものの中には手続きや相続のために残さなければならないものだけでなく、遺族が残しておきたいものもあります。

    遺品の中に残さなければならないものの他に、誰かがほしい、譲り受けたいと考えているものは処分せずにとっておきましょう。

    出来れば遺族間できちんと話し合い、必要なものと不用品を明確にしておくとトラブルが起きにくくなります。トラブルを回避するためにもこれがほしいからと勝手に持ち帰ったり、他人に譲渡したりするのは出来るだけ避けます。

    ③不用品の分別、破棄

    不用品は何でも捨ててしまえば良い、気軽に何でもゴミ捨て場に破棄すれば良いというものではありません。不要な書類などは可燃ゴミは指定されている曜日に決められたゴミ捨て場に、プラスチックなどの不燃ゴミも同様に決められた曜日に指定されている場所に破棄します。

    さらにリサイクル出来るもの、粗大ゴミとして破棄しなければならないものと分別し、ゴミの種類ごとに各自治体のルールに則って破棄します。

    不用品回収を業者に依頼した場合は分別に別途費用が掛かることもあるので、契約時や見積り時に必ず費用とサービス内容を確認しておくようにしましょう。

    ④室内の清掃

    遺品の整理やゴミの破棄がすべて終わったら、室内を清掃します。そのまま遺族が住み続ける場合はもちろんのこと、賃貸物件を退去するときや自宅を売却するときにもきちんと清掃しておくようにしましょう。

    大きな汚れが目立つ、自分たちで掃除するのには限界があるときには遺品整理業者のクリーニングサービスや、ハウスクリーニングに依頼します。特に孤独死などの特殊な状況下で故人が亡くなった場合は、特殊清掃などを依頼しましょう。

    2-2. 遺品整理にかかる費用の相場

    遺品の整理やゴミの破棄がすべて終わったら、室内を清掃します。そのまま遺族が住み続ける場合はもちろんのこと、賃貸物件を退去するときや自宅を売却するときにもきちんと清掃しておくようにしましょう。

    大きな汚れが目立つ、自分たちで掃除するのには限界があるときには遺品整理業者のクリーニングサービスや、ハウスクリーニングに依頼します。特に孤独死などの特殊な状況下で故人が亡くなった場合は、特殊清掃などを依頼しましょう。

    業者などに遺品整理を依頼した場合の間取り別のおおよその費用相場は以下の通りです。

    間取り 費用
    1LDK 70,000円〜200,000円
    2LDK 120,000円〜300,00円
    3LDK 150,000円〜500,000円
    4LDK以上 220,000円〜600,000円

    2-3. 費用を抑えるためのポイント

    自分自身で遺品整理をする場合も、業者に依頼をする場合も事前に可能な範囲でゴミを処分しておくことが費用を抑えるためのポイントです。

    自分で捨てることが出来る書類などの紙類、衣類などは可燃ゴミとして処理しておきましょう。ゴミの量が少なくなれば作業が簡単になり、スタッフの数も少なくなります。人件費にお金を掛ける必要がないので、料金が安くなるのです。

    買取サービスを利用するのも、費用を抑えるコツです。遺品整理業者などでは片付け作業の他に、不用品の買取サービスを行っている場合があります。

    不用品の中から価値のあるものを見つけ、その場で買取ってくれるのです。買取った分は遺品整理費用から差し引かれ、当初の値段よりも安くなる場合があります。価値が高いものがあれば、かなり費用を抑えることも可能です。

    信頼できる遺品整理業者の選び方

    3-1. 業者を選ぶ際の重要なポイント

    安易に業者を決めるのは危険です

    遺品整理業者などに依頼するときにはスムーズに作業を終えられるようにするためにも、慎重に業者を選ばなければなりません。まず確認したいのは、料金形態です。

    料金が安いから、他社よりも割引されているからと安易に業者を決めるのは危険です。安いと思っていてもあとから追加料金が発生して高くなった、基本料金だけの値段だけを提示し、総額を見たら知らぬ間に金額が跳ね上がったなどの事態になることも。

    明瞭な料金を公表している業者を選ぶためにもまずは見積もりを取り、適正価格になっているのか、追加料金が異様に高くなっていないのかなどを確認します。さらに契約前に追加料金についての説明を受けて、あとから金額が高くならないように注意しましょう。また同じ条件で何社か見積もりを取り、比較すると悪質な業者か見分けられます。

    スタッフが丁寧な対応をしてくれるのかも、大切なチェックポイントです。問い合わせをしたとき、見積もりをお願いしたときなどスタッフの対応を見ておきましょう。

    あまり信用することが出来ない業者の場合は受け答えが曖昧、親身に相談に乗ってくれないなどの特徴があります。優秀な業者なら質問に対して丁寧に受け答えしてくれますし、相談にも的確なアドバイスをくれます。

    遺品整理士は在籍していますか?

    遺品整理業者に遺品整理士が在籍しているのかも、重要なポイントです。遺品整理士は民間資格の一つです。資格所有者は遺品整理のプロとして、遺品整理に関する一定の知識やノウハウを持ち合わせています。

    故人が残した遺品の数々に敬意を払い、丁寧に扱うことを心がけています。より丁寧に整理してほしい、資格を持ったプロにお願いしたいときには遺品整理士が在籍している業者を選びましょう。

    公式サイトをチェックすれば、どのようなスタッフが在籍しているのかも知ることが出来ます。公式サイトなどに記載がないときには直接問い合わせをして、遺品整理士が在籍しているのか確認しましょう。

    3-2. 実際の利用者の口コミや評判

    遺品整理業者などを選ぶときに参考にしたいのが、実際にサービスを利用した人たちの口コミや評判です。実際にサービスを利用した人だから分かるメリット、デメリットが見えてきます。

    業者の公式サイトにはお客様の声として実際にサービスを体験した人の感想が書かれています。業者の公式サイトで公開されているお客様の声のほかに、個人のブログやSNSなどでつぶやかれている感想にも目を通しましょう。

    公式サイトを見ていても分からない、リアルな意見が探せます。

    3-3. 遺品整理業者に依頼するメリットとデメリット

    整理後には室内の清掃も

    遺品整理業者に依頼するメリットの一つには、効率面があります。豊富な知識と経験のあるスタッフが片付けを担うので効率良く、スピーディーに整理してくれます。素人が行うと数週間掛かる場合でも、プロにお願いすれば1日から2日で片付くということも珍しくありません。相続税の納付期限や賃貸物件の退去など期限までに遺品整理を行わなければならないときも、期日までに作業を完了してくれます。

    整理後には室内の清掃をしてくれるのも、メリットです。片付けをしたら当然後処理が残りますが、業者に依頼をすれば清掃も行ってくれます。遺品整理をやっとの思いで終わらせたのに、掃除もしなければならないと気が重いものです。専門業者に頼んでしまえば片付けから不用品の分別、室内の清掃まですべて任せられます。遺品整理後には見違えるほど部屋がきれいになって、清々しい気持ちにもなれるのはプロにお願いしたからこそです。

    遺品業者に依頼するデメリットは、費用が発生することです。専門業者に頼むと部屋の広さなどによって異なりますが、平均して20万円前後の料金が掛かります。決して安い費用ではないので、経済的な負担は増えます。ただその分きちんとしたサービスを受けられ、適切に作業もしてくれます。不用品も自分たちで持ち込む必要もなく、きちんと処理してくれるのも嬉しいポイントです。

    遺品整理業者選びに困っている・・・という方はお気軽にご相談ください

    はじめて遺品整理をおこなう際、相場が把握できず金額が妥当であるかの判断が難しいものです。そんなあなたのために弊社では"無料相談にてお伺いした条件"に見合う業者を選定し、複数業者のお見積りをご用意いたします!

    また整理後の清掃や不動産の売却など、遺品整理と同時に発生するお悩みもあわせて解決!まずはお気軽に無料相談にお申し込みください。

    遺品整理と不用品回収の違い

    4-1. 遺品整理と不用品回収の基本的な違い

    遺品整理は故人が残したものを敬意を持って片付け、処分をするサービスです。残しておくもの、破棄してしまうものを分別するなど細かなサービスを提供しています。一方不用品回収は使わなくなったもの、不要になったものを回収するサービスを指します。亡くなった方の不用品だけでなく、引っ越しや部屋の片付けで不要となったものも回収します。

    4-2. 不用品回収の主なサービス内容

    不用品回収の主なサービスは次の通りです。

    • 不用品回収
    • ゴミ屋敷片付け
    • 買取サービス

    不用品回収

    不用品回収では不要になった家具や家電、生活用品や車両など様々なものを引き取ります。自治体では回収してくれないもの、自分で運搬することが難しいものが対象となります。回収時には自宅まで来てくれるので、自分たちで運び込む必要もありません。

    ゴミ屋敷片付け

    不用品回収業者の中には、ゴミ屋敷の清掃も行っているところがあります。自分自身ではどうしようも無くなってしまったゴミ屋敷の中を、手際よく片付けてくれます。不要なものは回収してくれるのも特徴です。

    買取サービス

    不用品回収のサービスの一つとして、買取サービスもあります。買取サービスではまだ使えそうなもの、価値のあるものを業者側が買い取ってくれます。買取の対象となるのは骨董品や絵画、陶芸作品やブランド品などです。業者によって買取対象は異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

    4-3. 遺品整理と不用品回収を併用するメリット

    遺品整理業者は遺品の整理から分別、不用品の破棄まで様々なサービスを展開していますが、不用品回収よりも費用が高くなってしまうことがほとんどです。

    また作業工程が多いので時間が掛かり、その分費用も増えていく傾向にあります。そんな欠点をカバーしてくれるのが、不用品回収との併用です。

    不用品回収だけを別の業者に依頼すれば素早く、なおかつ安く不用品を処理することが出来ます。不用品回収業者は時間を掛けずに作業することが得意です。

    無駄な時間を掛けずに遺品整理が行えます。遺品整理業者と不用品回収業者を上手く併用して、効率的に遺品整理を進めましょう。

    遺品整理に関する法律と手続き

    5-1. 遺品整理に関連する主な法律

    遺族が遺品整理をすることに関連する法律や決まりは、特にありません。いつまでに整理をしなければならない、誰が行わなくてはならないなどの決まりはありません。ただ遺品整理を行う業者は業務を正しく行うための許可を取る必要があります。必要となる許可は2種類あり、古物商許可と一般廃棄物収集運搬業許可を取得しなければ遺品整理業は営めません。

    5-2. 遺品整理と相続手続きの関係

    遺族が遺品整理をすることに関連する法律や決まりは、特にありません。いつまでに整理をしなければならない、誰が行わなくてはならないなどの決まりはありません。

    ただ遺品整理を行う業者は業務を正しく行うための許可を取る必要があります。必要となる許可は2種類あり、古物商許可と一般廃棄物収集運搬業許可を取得しなければ遺品整理業は営めません。

    5-3. 法的トラブルを避けるための注意点

    遺品整理業者に依頼するときには古物商許可や一般廃棄物運搬許可を取得しているのかを、必ず確認しておきましょう。許可を取っていない業者に頼んでしまうと違法な取引になってしまう、ルールを守らずに回収されたものを不法投棄されてしまうこともあります。公式サイトなどで許可番号などを見ておくと安心です。

    さらに相続税はいくらなのか、納める場合はいつまでに支払わなければならないのかも把握しておきましょう。親族間で相続のことも早めに話し合い、出来るだけ早い段階で手続きが出来るように準備しておくことが重要です。

    遺品整理を通じた生活環境の改善

    6-1. 遺品整理後のリフォームと清掃

    遺品整理後に意外と目につくのが、室内の状態です。片付けを終えて物がなくなってくると床や壁紙、畳などの汚れや劣化などが気になることがあります。

    特にこのまま誰かが住み続けることになると、より一層気になってくるものです。生活環境の改善をする意味でも遺品整理のあとには清掃やリフォームをして、快適に暮らせる環境を手に入れます。

    6-2. 消臭作業の重要性と方法

    孤独死など特殊な状況下で故人が亡くなった場合は、消臭作業は必須です。消臭作業をしないと臭いはそのままですし、建物の価値も下がってしまいます。何よりその建物に住んでいる人の生活環境も悪化してしまうので、臭いが気になる場合にはなるべく消臭作業をしましょう。

    消臭作業では特殊な薬剤を使い、染み付いた独特の臭いを除去します。専用の薬剤を噴霧器で散布し、部屋の隅々まで薬剤を行き渡らせます。血液や髪の毛などが付着しているところは、タンパク質を分解する特殊な薬剤を用いて清掃します。

    6-3. 新たな生活環境へのステップ

    遺品整理だけでなく清掃やリフォーム、消臭を行うことで新たな空間に生まれ変わり、より住みやすい環境になります。また部屋がきれいになることで心も軽くなり、前向きに新しい生活をスタートするきっかけにもなります。

    Q&A:よくある質問

    7-1. 遺品整理はいつ始めるのが良い?

    遺品整理をいつまでに始めなければならないという決まりはありません。基本的にはどのタイミングでも構いません。ですが相続の手続き、賃貸物件の退去や建物の売却など期限が迫っているときにはそれまでに間に合うように作業を始めましょう。

    7-2. 遺品整理にかかる費用はどのくらい?

    遺品整理の相場はおおよそ20万円前後と言われています。部屋にある遺品の数や片付ける部屋の広さ、作業員の数など様々な要因によって金額は変動します。詳しい料金を知りたいときには、見積もりをお願いしましょう。

    7-3. 遺品整理の際に注意すべき点は?

    各種手続きに間に合うようにスケジュールを考えて作業をすること、依頼する遺品整理業者はきちんと見極めることが大切です。また必要に応じて不用品回収や特殊清掃などにも依頼して、生活環境を整えるようにしましょう。

    まとめ

    故人との思い出を残しておくためと遺族の心の整理をするためにも必要不可欠な遺品整理。
    故人の供養をきちんとするためにも、業者に依頼して正しく、効率良く進めたいものです。

    ここで紹介した業者選びのポイントや遺品整理で気を付けたいことを頭に入れて、計画的に整理をするようにします。

    業者選びでお悩みなら弊社の無料相談をご活用ください!

    あなたの街の
    遺品整理とは

    あなたの条件に合う遺品整理業者選びをサポートするアドバイザーサービスです。

    有資格者が電話で直接条件を伺い、全国の遺品整理業者の中からあなたにぴったりの業者を紹介します。

    当サイトで業者選びをする
    のメリット

    • 条件に合う複数の業者の相見積りを取得できるので最安値で契約できる

    • 相談窓口が1つだから複数業者の連絡の対応をしなくて済む

    • 当サイト経由で契約で3000円分のギフトカードプレゼント

    ※遺品整理の作業後に弊社のアンケートに
    お答えして頂けた方に限ります。

    見積もり診断もおまかせください

    見積もり診断
    サービスとは?

    遺品整理業者選びは多くの方が初めての経験。
    しかしそれなりの費用が掛かるサービスですので失敗はしたくない‥‥

    そんなあなたのために第三者目線で見積書を診断させていただきます。
    遺品整理業者選びのセカンドオピニオンとしてご活用ください。

    関連記事

    お見積りやご依頼は
    お気軽にお問合せください!
    ご相談だけでも無料です。

    ご相談からご依頼まで、お客様にストレスないご案内をいたします!
    お客様のご状況に合わせ、柔軟に複数のお見積りをご用意いたします!
    整理後の清掃や不動産の売却など、遺品整理以外のお悩みもあわせて解決!

    お電話でのご相談・
    お見積りはこちら

    通話無料

    0120-070-379 8時~19時(土日祝も対応)

    まだ何も決まっていないけど、
    ちょっと聞いてみたいという方も
    お気軽にお電話ください!

    全国の遺品整理業者

    日本地図

    北海道・東北

    北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島

    関東

    茨城 / 栃木 / 群馬 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川

    北陸

    新潟 / 富山 / 石川 / 福井

    中部

    山梨 / 長野 / 岐阜 / 静岡 / 愛知 / 三重

    日本地図

    近畿

    滋賀 / 京都 / 大阪 / 兵庫 / 奈良 / 和歌山

    中国

    鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口

    四国

    徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知

    九州・沖縄

    福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

    無料お見積もりをする