お問い合わせ

LINE公式

あなたの街の遺品整理 > コラム > 生前整理 > 生前整理のポイント完全ガイド:進め方から注意点まで詳しく解説

あなたの街の遺品整理コラム

生前整理のポイント完全ガイド:進め方から注意点まで詳しく解説

生前整理は、人生のある段階で考える必要がある重要なテーマです。自分の財産や遺産、大切な物品について整理し、遺族に負担をかけずに手続きを進めることは、将来の安心感を築くために欠かせません。

この記事では、生前整理の基本的な理解から始め、進め方、注意点、法的な側面、そして生前整理をサポートするリソースについて詳しく解説します。さらに、よくある質問に答えるセクションもご用意しました。

生前整理は計画的なアプローチと注意深い考慮が必要です。しかし、遺族にとっては大きな負担を軽減し、円滑な遺産の処理を実現する手段でもあります。自分の将来や遺産について考える機会として、この記事を参考にしていただき、生前整理のスムーズな実施に役立てていただければ幸いです。

生前整理の基本的な理解

生前整理とは何か?

生前整理は、将来の遺産や財産に関する整理を行う重要なプロセスです。これは、遺族に負担をかけずに遺産を整理し、大切なものを適切に管理するための方法でもあります。高齢になってからでは物事が複雑になり、遺族に大きな負担をかける可能性があるため、できるだけ早い段階で始めることが重要です。

生前整理の目的は、遺産相続の際にトラブルを避け、遺族の負担を最小限に抑えることです。また、整理整頓された生活環境はストレスを軽減し、心の安定にもつながります。自分の大切なものを整理し、不要なものを処分することで、快適な生活を送ることができます。

生前整理を行う際には、家族とのコミュニケーションも大切です。家族に自分の意志や希望を伝え、相続に関する不安や疑問を共有することで、円滑な整理ができるでしょう。遺族が納得し、協力して整理を進めることが重要です。

参考:一般社団法人生前整理普及協会

生前整理は将来の不安を軽減し、遺族に負担をかけずに整理を進めるための重要なプロセスです。早めの段階から計画的に取り組むことで、自分や家族の未来を安心させることができます。次に、生前整理のメリットについて詳しく見ていきましょう。

生前整理のメリット

生前整理を行うことには多くのメリットがあります。生前整理を進めることで、自分や家族の未来に向けて準備を整えることができます。まず、整理整頓された環境は日常生活においてストレスを軽減し、心の安定をもたらします。

お電話でのご相談・
お見積りはこちら

通話無料

0120-070-379 8時~19時(土日祝も対応)

まだ何も決まっていないけど、
ちょっと聞いてみたいという方も
お気軽にお電話ください!

生前整理は遺産相続において大きな役割を果たします。整理を行うことで、遺産や財産に関する明確な見通しを持つことができ、後々のトラブルや対立を回避します。遺族に負担をかけずに整理を進めることで、円滑な相続手続きをサポートし、家族間の絆を保ちます。

生前整理を行うことで、自分の遺志や希望を明確に伝えることもできます。遺族が自分の意図を理解し、尊重することで、将来的な問題を未然に防ぎます。遺産分割や大切な書類の管理など、整理がきちんと行われることで、家族の安心感も高まります。

結論として、生前整理は自分や家族の未来を見据え、遺産や財産を整理し、整頓された生活を築くための重要なステップです。生前整理に取り組むことで、心の安定や家族の円満を実現し、将来に備えましょう。次に、生前整理を行うタイミングについて詳しく探求しましょう。

 生前整理を行うタイミング

生前整理を行うタイミングいつがいいのでしょうか?

適切な時期に始めることで、計画的に整理を進めることができます。早めの段階で生前整理に取り組むことがおすすめです。

若い世代から生前整理を考えることは、将来の不安を軽減するうえで有益です。年齢を重ねると、体力や健康状態が変化し、整理作業が困難になることがあります。若い時から始めることで、自分の財産や遺産に関する計画を立て、整理を進めるスムーズさを保つことができます。

生前整理を高齢になってから始めると、時間的な制約や体力の制限が増える可能性があります。慌てて整理を進めることになり、遺族に負担をかけるかもしれません。早い段階から計画的に整理を進めることで、自分自身の安心だけでなく、家族への思いやりも表現できます

最も適した生前整理のタイミングは、自分の状況や希望に合わせて考えるべきです。ただし、できるだけ早い段階で始めることを検討し、生前整理の基本を把握しておくことが大切です。

結論として、生前整理は若い時から始めることが理想的です。計画的に整理を進め、将来の不安を軽減し、遺族に負担をかけずに整理を進めることができます。次に、生前整理の進め方について詳しく探求しましょう。

生前整理の進め方

不要な物の分類方法

生前整理を進める際には、不要な物を適切に分類することが大切です。まず、物品を「必要」「不要」「検討中」の3つのカテゴリに分けましょう。必要な物は今後も使うもの、不要な物は手放すもの、検討中は迷っているものです。この分類を行うことで、整理の方針が明確になり、無駄な物を保持することを避けます。

次に、不要な物を処分する方法を考えます。使わない衣服や家具は寄付やリサイクルに回し、壊れた物や不要な書類は適切に廃棄しましょう。整理が進むにつれて、生活空間がスッキリとし、心地よい環境が整います。

不要な物を整理する際、まずは「使っていない」「必要のない」「価値の低い」物品を特定しましょう。
物品をカテゴリー別に分類することが効果的です。例えば、衣類、家具、書類、電化製品など。
分類の際には、使用頻度や感情的な価値を考慮し、決定を下しましょう。

 大切な物の取り扱い

生前整理の過程で大切な物も適切に取り扱うことが大切です。大切な記念品や貴重品は、遺族に残すことを考えて保管しましょう。遺言書や財産目録など、法的な文書も整理し、安全な場所に保管しておくことが重要です。

また、家族とのコミュニケーションも欠かせません。大切な物について家族と話し合い、遺産分割についての希望や意思を明確に伝えましょう。家族が納得し、協力することで、整理作業が円滑に進行します。

大切な物品や思い出の品については、特別な注意を払いましょう。感情的なつながりがある場合、整理が難しいこともあります。
大切な物は遺族や親族に伝え、彼らの意見を尊重しましょう。共感や理解が生前整理をスムーズに進める鍵です。

 2-3. 整理の段取りと進め方

まず、整理の目標を明確に設定します。何を整理するのか、何を達成したいのかをはっきりさせることが、計画的な生前整理のスタートです。整理対象をカテゴリー別に分けます。衣類、家具、書類、電化製品など、それぞれのカテゴリーごとに整理を進めましょう。これにより、作業が整然と進行します。各アイテムの重要度と必要性を評価します。使用頻度や感情的な価値を考慮し、物品を保持するか、処分するかを決定します。その後、整理作業のスケジュールを設定します。段階的に進めるために、各カテゴリーごとに適切な日程を計画しましょう。最終的に、整理作業の進捗を確認し、必要に応じて調整を行います。整理が計画通りに進んでいるかどうかを定期的にチェックし、整理作業をスムーズに進めましょう。これらのステップを順に実行することで、生前整理を段階的に進めることができます。計画的なアプローチと組織的な段取りは、整理作業を効率的に行うのに役立ちます。整理が遺族に負担をかけずに進むよう、工夫と計画をしっかり立ててください。

整理作業を段階的に進めることが重要です。一度にすべてを整理しようとせず、ステップを踏んで進めましょう。
スケジュールを立て、作業の進捗を追跡することで、計画的に整理を進めることができます。
これらのポイントを考慮しながら、生前整理を進めることで、整理作業が効果的かつ遺族に負担をかけない方法で行えます。

生前整理の注意点

焦らないで進める重要性

生前整理の注意点はいくつかあります。まず、整理作業を急いで進めるのではなく、焦らずに計画的に行うことが大切です。次に、家族とのコミュニケーションを大切にし、感情的な場面で冷静さを保つことが必要です。さらに、大切な書類の管理も注意が必要であり、遺言書や財産目録などの法的文書は特に適切に保管しましょう。また、家族との相談と協力を重視することで、円滑な整理が可能です。結論として、生前整理を成功させるためには、計画的な進行、家族とのコミュニケーション、大切な書類の管理、協力が不可欠です。これらのポイントを守りながら、生前整理を進めましょう。

ステップごとに計画を立てる
整理の進行をステップごとに分け、段階的に進める計画を立てましょう。計画を守りながら整理を進めることで、効率的かつストレスフリーに作業できます。
休息を取る
長時間の整理作業ではなく、適度な休息を取りましょう。体力的な疲労や精神的なストレスを軽減するために重要です。
家族の協力を得る
家族や友人と協力して整理を進めることで、作業が楽になります。感情的なサポートも受けられるため、一人で抱え込まずに進めましょう。
感情を整理する
整理作業は感情的になることがあります。大切な思い出に触れたり、過去の出来事を振り返ったりすることもあるでしょう。感情を整理し、必要ならばカウンセリングなどを受けることも考えましょう。

 親族とのコミュニケーション

生前整理を進める際、家族とのコミュニケーションが欠かせません。以下は、家族との円滑なコミュニケーションのポイントです。

意思を明確に伝える
自分の整理の意図や希望を家族に明確に伝えましょう。どの物をどうしたいのか、遺産分割についてどのような考えを持っているのかを共有することで、家族は納得しやすくなります。
感情を尊重する
家族も整理作業に感情を持っています。遺族の気持ちを尊重し、感情を受け入れる姿勢が大切です。感情的な場面で冷静さを保ちましょう。
相談と協力
家族との意見の違いがある場合、相談し合い解決策を見つける努力が必要です。協力し合い、家族全体で整理を進めることが最良の方法です。

 大切な書類の管理

生前整理において、大切な書類の管理は不可欠です。以下は、書類管理のポイントです。

注意点

説明

遺言書と財産目録

遺言書や財産目録は法的な文書であり、遺産分割に影響を与えます。これらの文書は適切な場所に保管し、家族や弁護士にアクセスできるようにしておきましょう。

重要な証明書

出生証明書、結婚証明書、戸籍謄本などの重要な証明書も整理しておく必要があります。安全な場所に保管し、必要な時にすぐに取り出せるようにしましょう。

銀行口座と保険証券

銀行口座の情報や保険証券も大切な財産です。家族や信頼できる人にその情報を伝え、必要な手続きがスムーズに行えるようにしておくことが大切です。

以上の注意点は、生前整理を成功させるために役立つものです。焦らず計画的に進め、家族とのコミュニケーションを大切にし、大切な書類を適切に管理することが、整理作業を円滑に進める鍵となります。次に、生前整理と法的な側面について詳しく探求しましょう。

お電話でのご相談・
お見積りはこちら

通話無料

0120-070-379 8時~19時(土日祝も対応)

まだ何も決まっていないけど、
ちょっと聞いてみたいという方も
お気軽にお電話ください!

生前整理と法的な側面

相続における生前整理の効果

生前整理は、相続においても重要な役割を果たします。まず、整理が行われていると、遺族が相続手続きをスムーズに進めることができます。遺産や財産に関する明確な情報が整理されていれば、遺族は財産の詳細を容易に把握でき、遺産分割の際のトラブルを最小限に抑えることができます。

生前整理によって遺言書や財産目録が整備されている場合、遺族は遺言者の意志を尊重し、遺産分割を円滑に進めることができます。遺言書は法的に認められた文書であり、遺産分配において大きな影響を持ちます。生前整理によって遺言書の存在や内容が明確になっていれば、遺族は遺言者の意向を守りやすくなります。

生前整理によって借金の整理や不動産の手続きなどが行われている場合、遺族はこれらの問題を迅速に解決できます。整理が行き届いていることで、遺族は法的なトラブルや負担を軽減し、遺産分割に集中できます。

生前整理は相続において大きな効果を発揮します。整理が進んでいれば、遺族はスムーズな相続手続きを行い、遺産分割におけるトラブルを最小限に抑えることができます。次に、生前整理と遺言書について詳しく見ていきましょう。

スムーズな相続手続き
生前整理が行われていると、遺族は相続手続きをスムーズに進めることができます。整理された財産情報や遺産分配の意向は、紛争を避け、効率的な手続きを可能にします。
遺言書の重要性
生前整理によって遺言書が整備される場合、遺族は遺言者の意志を尊重し、遺産分割を円滑に進めることができます。遺言書は法的に認められた文書であり、その内容が守られます。
負担の軽減
整理された財産や資産情報は、遺族の負担を軽減します。遺族は遺産分割や財産の取り決めに迷うことなく、整理された情報に基づいて行動できます。

生前整理と遺言書

生前整理と遺言書は密接に関連しています。遺言書は、自分の死後に財産をどのように分配するかを明確にするための文書です。生前整理を行う際に、遺言書の作成や整備も検討することが重要です。

遺言書は法的に認められた文書であるため、正式な手続きに従って作成する必要があります。生前整理においては、遺言書を作成し、適切な場所に保管することが必要です。遺言書には財産の分配方法や相続人の指定などが含まれます。これらの内容は整理作業においても考慮し、整理が行き届いていることが大切です。

遺言書を整備することで、遺産分割において遺族が迷うことなく、遺言者の意志を尊重した分配が行われます。生前整理を行うことで、遺言書の存在や内容が明確になり、遺族は紛争や誤解を避けることができます。

結論として、生前整理と遺言書は相互に影響し合う重要な要素です。生前整理を通じて遺言書を整備し、自分の財産や遺産分割に関する明確な意向を伝えましょう。これにより、遺族は円滑な相続手続きを進め、遺言者の遺志を尊重します。次に、財産目録の作成方法について詳しく探求しましょう。

遺言書の作成
生前整理において遺言書の作成や整備を検討しましょう。遺言書は自分の財産分配の意向を明確にするための文書であり、整理作業に関連します。
法的手続き
遺言書は法的に認められた文書であり、正式な手続きに従って作成する必要があります。生前整理を通じて遺言書を整備し、適切な場所に保管しましょう。

    財産目録の作成方法

    生前整理において、財産目録の作成は非常に重要です。財産目録は、自分の持っている財産や資産を詳細に記録した文書であり、相続時に大きな役割を果たします。以下は、財産目録の作成方法のポイントです。

    まず不動産に関する情報を整理しましょう。不動産の場合、所有物件の住所や登記情報、評価額などを明確に記録します。不動産に関する書類や契約も整理し、財産目録に関連情報を追加します。そして金融資産について情報を収集します。銀行口座、投資信託、保険証券などの金融資産に関する詳細な情報をまとめます。口座番号、残高、受益者の情報などを財産目録に記載します。

    また、動産に関する情報も整理しましょう。家具、家電、車両などの動産について、詳細なリストを作成します。これらの財産に関連する書類や保証書も整理し、財産目録に含めます。

    貴重品やコレクション品、芸術作品などの特別な財産についても詳細な情報を収集し、財産目録に記録します。これらの財産は評価が難しい場合もあるため、専門家のアドバイスを受けることも考えましょう。

    最後に、借金や債務に関する情報も整理します。借金や債務がある場合、金額や債権者の情報を正確に記録し、財産目録に含めます。遺族にとっては、債務の整理が重要な課題となることがあります。

    財産目録は整理が行き届いていることが求められます。遺族が遺産分割や相続手続きを円滑に進めるためにも、財産目録の作成は欠かせません。

    結論として、生前整理において財産目録の作成は大変重要です。不動産、金融資産、動産、特別な財産、借金や債務に関する情報を詳細に整理し、正確な財産目録を作成しましょう。これにより、遺族は遺産分割や相続手続きをスムーズに進めることができます。次に、生前整理を助けるリソースについて詳しく探求しましょう。

    作成方法

    説明

    不動産情報

    不動産に関する情報を整理しましょう。住所、登記情報、評価額などを記録し、不動産に関連する書類や契約も整理します。

    金融資産情報

    銀行口座、投資信託、保険証券などの金融資産情報を収集し、口座番号、残高、受益者情報などを記録します。

    動産情報

    家具、家電、車両などの動産情報を詳細にリストアップし、関連する書類や保証書も整理します。

    特別な財産

    貴重品やコレクション品、芸術作品などの特別な財産についても詳細な情報を収集し、専門家のアドバイスを受けることを検討します。

    借金や債務情報

    借金や債務がある場合、金額や債権者の情報を正確に記録します。



    生前整理を助けるリソース

    専門家やサービスの活用

    専門家やサービスの活用は、生前整理を効果的に進めるための重要なステップです。まず、弁護士やファイナンシャルプランナーなどの専門家を活用することで、法的なアドバイスや財務プランの策定が可能となります。次に、不動産エージェントや整理収納アドバイザーが不動産や物品の整理に関して役立ちます。また、遺言書作成サービスや財産評価の専門家を利用することで、遺言書の作成や資産の評価を確実に行うことができます。

    専門家やサービスの協力を得ることで、生前整理をより効率的に進め、遺族にとっても負担が軽減されます。生前整理を成功させるために、適切な専門家を選び、彼らの知識と経験を活かしましょう。

    弁護士
    遺言書の作成や法的なアドバイスを提供する弁護士は、法的な側面での整理に役立ちます。遺産分配に関する法的なアドバイスも受けることができます。
    ファイナンシャルプランナー
    財産や資産の整理、金融プランの策定に関してアドバイスを受けることができるファイナンシャルプランナーは、財務面での整理をサポートします。
    不動産エージェント
    不動産の売却や賃貸に関する専門的なアドバイスを提供する不動産エージェントは、不動産の整理に役立ちます。
    整理収納アドバイザー
    整理収納アドバイザーは、家具や物品の整理方法についてアドバイスを提供し、整理作業を効率的に進める手助けをします。
    遺言書作成サービス
    遺言書の作成を専門とするサービスもあります。遺言書の正式な文書化や保管をサポートします。
    財産評価の専門家
    財産の評価が必要な場合、財産評価の専門家が資産の評価を行い、公正な相続手続きを支援します。

      ツールとテクニック

      ツールとテクニックは、生前整理を効果的に進めるための鍵です。まず、整理用具を活用することで、物品を整理し、カテゴリごとに整理することができます。次に、デジタルツールを使用して、デジタルファイルや写真を整理し、大切な文書をデジタル化しましょう。さらに、カレンダーやスケジュール管理ツールを活用し、整理作業の進捗を追跡し、目標を設定します。

      これらのツールとテクニックを組み合わせて、生前整理を計画的かつ効果的に進めましょう。整理が整頓された状態で進むことは、遺族にとっても負担を軽減し、円滑な整理と相続手続きを可能にします。

      ツール/テクニック

      説明

      整理用具

      物品を整理し、カテゴリごとに整理するために使用。

      ラベル

      整理されたアイテムを識別しやすくするために役立つ。

      ファイルホルダー

      文書や書類を整理し、保管するのに便利。

      デジタルツール

      デジタルファイルや写真を整理し、大切な文書をデジタル化してバックアップできます。

      カレンダー

      整理作業の進捗を追跡し、タスクのスケジュールを計画的に管理します。

      スケジュール管理ツール

      作業段階をスケジュールに組み込み、目標設定を行います。

      この表を参考にして、適切なツールやテクニックを選んで生前整理を進める際に活用しましょう。整理作業を効率的に行うことで、遺族にとっても負担が軽減され、円滑な整理と相続手続きが可能になります。

       地域コミュニティの活用


      地域コミュニティの活用は、生前整理を成功させるための重要な要素です。地域のサービスや専門家、ボランティア団体を活用することで、効果的なサポートを受けることができます。

      まず、地域のサービスを探しましょう。地元の整理収納サービスや不動産業者は、地域の事情に詳しく、適切なアドバイスを提供してくれます。次に、地域の専門家に相談しましょう。地元の法律事務所、ファイナンシャルプランナー、整理収納アドバイザーなどは、地域の特有の要件に合わせたアドバイスを提供します。さらに、地域のボランティア団体や支援グループも助けになることがあります。特に高齢者や介護が必要な人々にとって、地域のサポートは大きな支えとなります。

      地域コミュニティの力を借りて、生前整理を円滑に進めましょう。地域のリソースを活用することで、整理作業がより効率的になり、成功への道が開けます。

      地域のサービス
      地元の整理収納サービスや不動産業者など、地域に特化したサービスを探しましょう。彼らは地域の事情をよく理解し、適切なアドバイスを提供します。
      地域の専門家
      地域に住む専門家やエキスパートに相談しましょう。地元の法律事務所、ファイナンシャルプランナー、整理収納アドバイザーなどが、地域の特有の要件に合ったアドバイスを提供できます。
      地域のボランティア団体
      地域のボランティア団体や支援グループが、助けが必要な場合に手助けをしてくれるかもしれません。特に高齢者や介護が必要な人々にとって、地域のサポートは重要です。

      地域コミュニティの協力を得ることで、生前整理をよりスムーズに進め、地元のリソースを最大限に活用することができます。地域のサポートは、生前整理を成功させるための貴重な要素の一つです。

      Q&A:よくある質問

      生前整理を始める最適な年齢は?

      生前整理を始める最適な年齢は、個人の状況により異なります。年齢に固定の基準は存在せず、以下の要因を考慮して決定するべきです。

      まず、健康状態が重要です。健康なうちに整理を進めることで、負担を軽減し、計画的に行動することができます。次に、資産や財産の規模と複雑さを考慮しましょう。大規模な財産を持っている場合、整理に時間がかかる可能性があるため、早めに始めることが有益かもしれません。

      家族状況も考慮すべきです。家族にとっても整理が必要な場合、協力して進めることができます。最後に、将来の計画に関する具体的な考えがある場合、それに合わせて整理を行うことが重要です。

      生前整理を始める最適な年齢は、個人の状況と目標に依存します。早めに計画を立て、必要に応じて専門家のアドバイスを受けることが、スムーズな整理の鍵です。

      遺族に負担をかけずに整理する方法は?

      遺族に負担をかけずに生前整理を進めるために、以下の方法が役立つでしょう。

      整理を始める際に、家族や親族とコミュニケーションを取りましょう。自分の思いや希望、財産に関する情報を共有し、遺族の意見や要望を聞くことが大切です。遺族との協力と理解を築くことで、整理作業が円滑に進みます。

      整理作業を段階的に進めることが重要です。急いで一度にすべてを整理しようとせず、計画的にステップを踏んで進めましょう。重要な書類や情報は整理して整頓された状態で保管し、遺族にとってもアクセスしやすいように工夫しましょう。

      専門家のアドバイスを受けることも考慮しましょう。整理収納アドバイザーやファイナンシャルプランナーは、遺族と協力して整理を進める際に役立つアドバイスを提供します。

      遺族に負担をかけずに整理を進めるには、コミュニケーション、段階的な進行、専門家のサポートが鍵となります。遺族の感情やニーズを尊重しながら、円滑に整理を進めましょう。

      生前整理で気をつける法的な点は?

      生前整理を行う際に気をつけるべき法的なポイントはいくつかあります。

      1. 遺言書の作成
        遺言書は、財産の分配や遺産の処理に関する重要な文書です。まず、遺言書を作成しましょう。遺言書には財産の相続人や遺産分割に関する指示を明確に記載します。遺言書を正式に作成するためには、弁護士や公証人のアドバイスを受けることが賢明です。
      1. 財産目録の作成
        生前整理の一環として、財産目録を作成しましょう。これにより、財産や資産を整理し、遺族に対して遺産の内容を明確に伝えることができます。
      1. 法的な規制の確認
        生前整理を行う際には、地域や国の法的な規制を確認しましょう。相続税、贈与税、不動産の登記など、法的な手続きが必要な場合があります。
      1. 専門家の協力
        法的な問題に関しては、専門家の協力を受けることが重要です。弁護士や税理士などの専門家は、法的なアドバイスや手続きのサポートを提供してくれます。

      法的なポイントに注意することは、生前整理を円滑に進め、遺族にとっても負担を軽減するために重要です。遺産の処理や法的な手続きに関する不明確な点がある場合は、専門家に相談することをおすすめします。

      お電話でのご相談・
      お見積りはこちら

      通話無料

      0120-070-379 8時~19時(土日祝も対応)

      まだ何も決まっていないけど、
      ちょっと聞いてみたいという方も
      お気軽にお電話ください!

      まとめ

      生前整理は、自分の財産や遺産を整理し、遺族に負担をかけないための重要なプロセスです。生前整理を計画的に進めることで、整理作業が円滑に進み、遺族にとっても負担が軽減されます。

      整理を始める際には、不要な物の分類方法や大切な物の取り扱いに注意し、整理の段取りと進め方を計画的に行いましょう。焦らずに進めることが大切であり、親族とのコミュニケーションを保持し、大切な書類の管理にも注意しましょう。法的な側面にも注意が必要です。遺言書の作成や財産目録の作成、法的な規制の確認を行い、専門家の協力を受けることが賢明です。生前整理を助けるリソースとして、専門家やサービスの活用、ツールとテクニックの利用、地域コミュニティの協力が役立ちます。

      生前整理業者選びはこちらから

      最終的に、生前整理は遺族に負担をかけずに整理を進め、遺族の安心と遺産の処理をスムーズに行うための重要なステップです。計画的なアプローチと専門家のサポートを活用して、生前整理を成功させましょう。

      業者選びでお悩みなら弊社の無料相談をご活用ください!

      あなたの街の
      遺品整理とは

      あなたの条件に合う遺品整理業者選びをサポートするアドバイザーサービスです。

      有資格者が電話で直接条件を伺い、全国の遺品整理業者の中からあなたにぴったりの業者を紹介します。

      当サイトで業者選びをする
      のメリット

      • 条件に合う複数の業者の相見積りを取得できるので最安値で契約できる

      • 相談窓口が1つだから複数業者の連絡の対応をしなくて済む

      • 当サイト経由で契約で3000円分のギフトカードプレゼント

      ※遺品整理の作業後に弊社のアンケートに
      お答えして頂けた方に限ります。

      見積もり診断もおまかせください

      見積もり診断
      サービスとは?

      遺品整理業者選びは多くの方が初めての経験。
      しかしそれなりの費用が掛かるサービスですので失敗はしたくない‥‥

      そんなあなたのために第三者目線で見積書を診断させていただきます。
      遺品整理業者選びのセカンドオピニオンとしてご活用ください。

      あなたの街の遺品整理編集部 -遺品整理士をはじめとした様々なスタッフが遺品整理や生前整理についてアドバイスをいたします。
      あなたの街の遺品整理編集部 あなたの街の遺品整理編集部では、遺品整理士をはじめとする様々な専門スタッフが、遺品整理や生前整理に関する包括的なアドバイスを提供します。私たちは、故人の想い出を大切にしながら、遺族の皆様が直面する困難を軽減するために、心を込めてサポートいたします。遺品の整理だけでなく、生前に整理を行うことで、将来的な負担を減らすお手伝いもしています。あなたの大切な人の遺品に関するすべてのニーズに応えるため、私たちはここにいます。

      関連記事

      お見積りやご依頼は
      お気軽にお問合せください!
      ご相談だけでも無料です。

      ご相談からご依頼まで、お客様にストレスないご案内をいたします!
      お客様のご状況に合わせ、柔軟に複数のお見積りをご用意いたします!
      整理後の清掃や不動産の売却など、遺品整理以外のお悩みもあわせて解決!

      お電話でのご相談・
      お見積りはこちら

      通話無料

      0120-070-379 8時~19時(土日祝も対応)

      まだ何も決まっていないけど、
      ちょっと聞いてみたいという方も
      お気軽にお電話ください!

      全国の遺品整理業者

      日本地図

      北海道・東北

      北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島

      関東

      茨城 / 栃木 / 群馬 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川

      北陸

      新潟 / 富山 / 石川 / 福井

      中部

      山梨 / 長野 / 岐阜 / 静岡 / 愛知 / 三重

      日本地図

      近畿

      滋賀 / 京都 / 大阪 / 兵庫 / 奈良 / 和歌山

      中国

      鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口

      四国

      徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知

      九州・沖縄

      福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

      無料お見積もりをする